« 野反湖ハンノキ沢 橋復旧! | メイン | 中之条ビエンナーレ2015 »

旧太子駅

太子線というのは、戦時中に鉄鉱石を搬出するため
に開業した貨物専用線で、戦後、旅客輸送も行われ
ましたが、昭和46年(1971年)に廃線となりました。
元々、群馬鉄山という鉱山で採掘された鉄鉱石を積出
すための駅でした。現在のJR吾妻線が昭和20年(1945年)に
長野原線として開通した際、長野原(現:長野原草津口)駅
から太子駅までが群馬鉄山の鉄鉱石運搬の専用線
として開業し、昭和27年(1952年)に国鉄に移管されました。
 しかし昭和45年(1970年)には、鉄鉱石積込設備(ホッパ)
が運転休止、翌年に長野原草津口駅から太子駅までの路線
が廃止されました。その後、線路の跡地は生活道路として利用
され、鉄橋やトンネルなどもその姿を残しています。
 ホッパの基礎(コンクリート建造物)が一部露出していましたが、
平成26年に埋められていた部分を掘り出し現在全容が確認できます。
写真は2015・3・19撮影



About

2015年09月14日 11:29に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「野反湖ハンノキ沢 橋復旧!」です。

次の投稿は「中之条ビエンナーレ2015」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34