« 六合村今昔 | メイン | 梨木地区福寿草群生地 »

六合村今昔その2

六合村小雨地区。
江戸時代、草津で温泉旅館を営む人々が、冬の酷寒を避けて冬の間移り住んだことから、別名「冬住み村」と呼ばれていた。
当時の貴重な資料は小雨地区役場前「冬住の里資料館」に保存展示されている。



About

2009年02月13日 10:38に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「六合村今昔」です。

次の投稿は「梨木地区福寿草群生地」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34