« 冬の大仙の滝 | メイン | 春の関東甲信越静観光展 »

妙全杉

樹齢800余年、樹高38m、幹囲約6mという大杉は、妙全尼がお勤めの帰りに、寺の石段に逆さにおいた杖が、そのまま根付いて育ったものだと言われている。そのため、今も枝が逆さに垂れているのだと信じられている。村民はこの杉を「龍澤寺の大杉」「妙全尼の逆さ杉」「妙全杉」とよび、大切にしている。


妙全杉


About

2009年01月29日 16:03に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「冬の大仙の滝」です。

次の投稿は「春の関東甲信越静観光展」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34