« 知る人ぞ知る!六合村銘菓「花福」 | メイン | お問い合わせ先 »

本州「花いんげん」発祥の地 六合村

本州「花いんげん」発祥の地 六合村

赤紫色した大粒の豆。
一粒3センチもある種皮は、光沢があり美しい。

おいらん豆、オニマメ、高原豆、ハナマメと地域によって呼び名は様々だが、六合村では「花いんげん」と呼ばれている。

そう名づけたのは、六合村に住む一人の少年だった。
大正十年五月のこと。当時十三歳だった大塚政美さんは、郵便配達をしていた叔父から、一通のカタログをもらった。北海道の農作物を紹介した冊子だった。

少年は北海道と六合村の気候が似ていることから、オニマメの種を取り寄せて畑にまいた。しかし花は咲くけれど、なかなか実が成らない。「花いんげん」の名は、そんな落胆した少年が名づけた名前だった。

試行錯誤繰り返したすえ、六年後の昭和二年頃から収穫も安定し、商品化にこぎつけた。


高原の清涼な空気と太陽をいっぱいに浴びて育った六合村の「花いんげん」は、六合村をはじめ群馬の観光地ではよく見かける土産品ですが、やはり元祖六合村産が絶品です

About

2007年10月23日 13:27に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「知る人ぞ知る!六合村銘菓「花福」」です。

次の投稿は「お問い合わせ先」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34