« 応徳温泉 | メイン | 尻焼温泉 »

花敷温泉

花敷温泉は、猪狩りのためこの地を訪れた源頼朝が発見したとされています。その際、桜の花びらが一面敷き詰めたように湯に浮かんでいたことから花敷温泉と名づけられたと伝えられています。大正時代には、若山牧水もこの地を訪れ、多くの歌を残しています。

花敷温泉の特徴
泉質 ナルシウム・カトリウム・硫酸塩・塩化物温泉
効能 リウマチ性疾患・通風及び尿酸素質・創傷・高血圧症・動脈硬化症

旅館

○花敷の湯 電話0279-95-5307
来里の時 囲炉裏の御宿
露天風呂:有
送迎:無
ホームページ 来里の時 囲炉裏の御宿 花敷の湯

About

2007年02月26日 18:30に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「応徳温泉」です。

次の投稿は「尻焼温泉」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34