メイン

伝統工芸

2010年03月24日

ねどふみの里で六合村特産のこんこんぞうり創作体験はいかがでしょう?民話の里も完成しました。

群馬県六合村のねどふみの里はで、こんこんぞうりの創作体験ができます。
もちろん、販売もしています。
すげむしろやわら細工の創作体験もできます。

お隣には、「民話の里」も完成しました。
一日ゆっくり時間をかけて創作体験をいかがでしょうか?
体験には、予約が必要ですので、事前に、電話にてご予約をお願いいたします。


尻焼温泉ねどふみの里(左)と民話の里(右)


尻焼温泉ねどふみの里(左)と民話の里(右)


ねどふみの里の「こんこんぞうり」(右)と「すげむしろ」(左)


ねどふみの里のこんこんぞうり


こんこんぞうりの材料の「すげ」の刈り取り(秋の収穫)


尻焼温泉天然露天風呂で「ねどふみ」(温泉を利用して柔らかくします。)

ねどふみの里
 住所 六合村大字入山644
 電話 0279-95-5324(ねどふみの里保存会)
 料金 こんこんぞうりづくり体験 5000円(所要時間は1日・材料費込・お一人様)
 創作用の型は、別途5000円です。
 すげむしろ織り体験 1000円(お一人様1時間、お持ち帰りは材料費別途)
 その他 要予約

お泊まりは、白根の見える丘でいかがでしょうか?
 宿泊予約 0279-95-5055
 宿泊料金 約10,000円(お人様1泊2食温泉付きです。)

宿泊温泉施設 (尻焼温泉)
 ホテル光山荘(川原の天然風呂まで徒歩2分 TEL0279-95-5126)
 関晴館(川原の天然風呂まで徒歩4分 TEL0279-95-5121)

2008年09月08日

炭爺工房試作品

六合村のキャラクター「くにっこちゃん」の中に炭が入っています。
消臭効果もあり、お部屋のインテリアとしてもグー!

一般販売になりましたら、ホームページ上でお知らせします。

******

2008年02月19日

こんこん草履

六合村根広地区の人が作ってるこんこん草履です、親から子へ受け継がれて生活に根ざした民芸品です、材料のスゲを刈り取るところから始まり、てまひまかけた逸品です。
【詳しくは】ねどふみの里

2007年12月10日

炭爺工房「遊山」12月22日本格始動!

炭は、燃料だけでなく、消臭剤や水道水の浄化剤など様々な用途ができます。
炭爺工房「遊山」では、くるみ・松ぼっくり・竹など使い鑑賞用として試作を繰り返し
このたび12月22日本格始動となります。

火入れをし窯出しするまでどんな炭ができているかわかりません

工房に携る人の経験と、六合村の自然が作り出す「遊山炭」
あなたのお手元に届のもあとわずか・・・

2007年02月26日

六合村の伝統工芸品

こんこんぞうり

こんこんぞうり傾斜地が多く、気候も冷涼なため稲作に適さない入山地区では、稲藁の代わりにスゲを使って、むしろやぞうりなどの日用品を作っていました。

こんこんぞうりは、色とりどりの布を巻いたスゲで編んだぞうりで、スリッパのような形をしているのが特徴です。「こんこん」という音を立てて叩いて作ることからその名がついています。

冬でも暖かく、編目が足の裏に適度な刺激を与えるこんこんぞうりは、草津の温泉旅館でも重宝され、素朴な美しさが人気となっています。

木工品

六合村の木工品ふるさとを囲む豊かな森は、多くの木工品を生み出しました。

橡の木や栗の木、桂を材料に作られるこね鉢は、うどんやそばの粉をこねるのになくてはならないもので、大きいものは直径80cmになるものもあります。

赤松を材料に作られるめんぱは、素朴な木の暖かさと香りが独特の味わいを醸しだし、通気性、耐久性に優れた弁当箱です。

しゃくしは、最も古くから作られていた木工品で、汁用、御飯用などさまざまな種類があります。いずれも木地師たちの技が光り、使えば使うほどに味わいの出る工芸品として注目を集めています。

伝統工芸

ブログ「六合地区観光情報」のカテゴリ「伝統工芸」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しいものから過去のものへ順番に並んでいます。

次のカテゴリは食べ物です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34